FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張るという名のセンス



してるつもり
頑張ってるつもり。
・・・・・は上達しない。

子供たちは大小あっても必ず「してるつもり」なのである。
逆にしていない場合は これはこれで大問題ではあるのだが。

では、指導する側ではこの問題をどう解決するといいのか・

しているつもり を前提に練習内容に負荷を掛けていく。

いわゆる「ペナルティ」である。

「ペナルティ」とは指導する側にもかなりの苦痛を要するもので
日ごろから可愛がっている子供たちに対し
苦痛以外の何物でもない環境を作って
鬼になって指導しなければならない。

・・・・と まあ 簡単に言えばこんな感じ。

でも、頑張っているつもりで頑張れていないのが人間であって
しているつもりで出来ていないのが人間なのである。

だから、人間は極限の状況で「火事場のバカちから」なるものが出るのであろう。

日ごろから自分に甘い子供は力を出し惜しみして
いわゆる「適当」な練習をやりがちとなる。
これは、クラブの環境で大きく左右されるが
最終的には自分自身の問題となる。

「あ~ぁ この子は頑張れば まだまだ先が狙えるのにな!」
という子は山ほどいるが
結局 それもバドミントンセンスの一つであって
他のセンスが優れていても
これ一つ劣っているばかりに上は目指せない。
自分自身で解っているのか判っていないのか。

結局、運動神経良いのにね、勿体ないね。 で終わってしまう。
これを 頑張らせるのは大変難しい。
頑張れるかどうかもスポーツをする上では非常に重要なセンスなのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チャオ!

Author:チャオ!
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
只今の順位は?

FC2Blog Ranking

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
7166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2044位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。