FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラブ創設の理由と本音



クラブを立ち上げたのは必要に迫られたから。
当時、レクバドに近い環境で練習をしていた私たちは
少しでも環境を整えたいとの思いで
部外練習(自主練習)として体育館を確保し指導していた。

先ずは、息子のパートナーと親が非常識な行動に出た。
全小の予選終了後に移籍を申し出てきた。
勿論私達親子には連絡なくクラブのオーナーに。
ご存知のとおり 全小レース中に移籍をすると
その年の全小はそこで終わってしまう。
早く言っていればシングルでも何とかブロックくらいは狙えたのだが
ダブルスに出ているので棄権以外に無い。
嫌がらせとも取れる行動だが・・・実際は無知が引き起こした行動。

地区予選1位で通過していたのと
前年度全国大会に出ていたので当然のごとく問題に。

結局、全小レース終了まで移籍は延期に。

だが、自主練習には顔を出さずに
クラブの練習に週1回のみ
しかも、父兄は私が教えているにもかかわらず挨拶すらしなくなった。

息子にはもう一度全国を狙いたければ一人でダブルスをする位の
気持ちでやらないと駄目だから・・・。
と、話したのを覚えています。


結果は練習していないにも関わらずブロックBest8
残念ながら全国は逃がしてしまった。

次に起こった事件は
大きなクラブからの引き抜き。
情報を公開する前に事前に連絡が入ってきたので
所属クラブから公式に募集がかかる前に
当時 自主練習として教えていた子の父兄に集まってもらい
事情を説明。
娘の引き抜き以外に考えられない事を説明し
私達は移籍できないとの旨を伝えた。

その席上ではクラブに後日届く練習会参加のFAXには
各自がそれぞれ対応(断る)する様にとの話で締め括ったが
実際には各自がその後、私達抜きで話し合い練習会に参加する事で
意見が一致していた様。
後日、そのクラブの監督から肝心要の娘が参加の申し込みをしていない
のはどういう事だと直に電話があり父兄の非常識な行動が判明。
勿論、私たちは事情を知らず。
また、打ち合わせの内容と違うので困惑。
調べて連絡しますと言ってその場を凌いだ。

即、父兄に連絡をとって確認したところ。

「火曜日と木曜日は向こうの練習がないので教えて貰います。
土曜日は向こうの練習が5時までなのでこちらの練習の6時には間に合いませんので
遅れて参加します。
日曜日は向こうの練習が昼からなので午前中のノックだけ参加します。
良いですか?」

良い訳ないだろぅ!!

即、二度と指導しないと言って電話を切った。

その後、この父兄たちは周囲の人に私たちの悪口をさんざん言っていたらしい
彼らの言い分は「言う事がいい加減」なのらしい各自で判断して参加の申し込みをしたのに
参加すると言ったら教えないと言われたと。

最初に話し合った内容は棚に上げて
どうも、最後に「各自に任せます」と言った事だけ(都合の良い部分だけ)
取り入れた様だ。
それなら最初から練習に行きますと言えばいいのに。

何のために事前に集まって話したのか?
父兄側に悪意が無ければ何で先方から連絡が有る前に
指導している私たちに練習参加の一報が無かったのか?

多分・・・・
この自主練習が その後、名前を変えて今のクラブとなる。
参加者は、徐々に成績を出せるようになって来ていた。
レクバドの選手と父兄が抱く大きなクラブのブランド名に惹かれたが
実際、成績を出しかけている無名の今の環境も捨て難かったのだろう。

汚い話だが 結果から考えるとそうなる。
指導する側に内緒で他の練習に行っていてばれないとでも思ったのか
酷く幼稚な考え方だが行動については

悪意以外の何物でもない!!


その後 この父兄と子供たちは向こうのクラブへ移籍していった。

2度のトラブルを経験して
自分たちで(常識の内で)采配できない環境では
子供たちを安心して指導できないという事を感じ
クラブを辞めて新たなクラブを設立した。

当時の監督もこの一見に巻き込まれてしまい。
(私達が見捨てた後はそれまで悪く言っていた監督に泣付いていたから)
相談の結果一緒に新クラブの監督になってもらった。

その後、監督が病気で練習に参加できなくなり
自然と私たちがクラブ運営と指導の要として動く事になっていった。

この身勝手な連中を許そうとは思わない。

しかし、身勝手な連中のお蔭で
今のクラブがあって。

その頃では、考えもしない様な素晴らしい成績を出す子と大勢、出合う事ができた。

今も、少ないが身勝手な行動をとる親がいる。

一昨年に移籍した親は
「このクラブにいたら体のケアができない」と言って
移って行ったが 詳しい説明も指導者に対しての
感謝の気持ちも伝えていない。
最後は体育館に来ても挨拶以外は無視をきめ込む始末。

息子の一件があったからダブルスを組む条件として
小学生の間の止むを得ない理由以外の移籍などは許さないと
話してはいたのだが・・。

この件ではパートナー一家に話して一緒に移籍してもらい
子供達の目標であった全国大会へ行く夢を終わらせないで欲しいと
私達の考えを伝え。
悩んでいたようですが夢を追い続ける事を決心してくれました。

「息子の様な選手(子)を出したくない」・・・のが私達の考えです。

少ない方だと判っているが
今後もでない訳では無かろう。

こういった連中と付き合っていくには
犠牲にするものが多すぎる。

次に出た時に 我慢の限界が来たら
その時が我がクラブの解散の時だと
このクラブを作った時に決めています。

このパートナー一家については今も試合では見てしまいますね。
大分打ち方とか変わってしまいましたが
聞きに来ればアドバイスができる様にはしているつもりです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チャオ!

Author:チャオ!
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
只今の順位は?

FC2Blog Ranking

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
7166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2044位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。