FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学生県選抜大会 及び 県小学生大会結果。

県選抜大会 この大会は先に地区予選を行って
シングル、ダブルスの上位4組が県大会へ進めるというもので
ダブルスは他のクラブとのペアもOK
ただし、他地区の選手とは組めないというルール。

県小学生大会は県選抜大会に出る事が出来なかった選手だけの大会。
シングル、ダブルスどちらかにエントリーしていれば出る事は出来ない。

うちのクラブからは4名がエントリー

県選抜大会へは
6年女子、5年女子、4年男子がエントリー
県小学生大会へは
6年女子がエントリーした。

6年生にとっては最後の公式戦。
県小学生大会にエントリーした子は4月から
私立中学進学の為卒部の予定
なのでジュニア最後の公式戦となる。

結果は。

4年男子 シングル準優勝

ダブルスはパートナー不在の為エントリーしなかった。
シングルは準優勝という成績だったが
内容は、大振り 体力面 メンタル面 フットワーク等
日ごろから注意されていた悪い面がでてしまい。
決して良い内容とは言えなかった。
良い面も沢山あるが
負ける時は(誰でもそうでしょうが)悪い面が出てしまい敗戦となる。
ここを、克服するのが全国への絶対条件となりそう。
後は、ちょっと調子が良いと直ぐに気を抜いたり天狗になる所も
試合では禁物。

決勝は中々勝てないライバル君。
準決勝でのフルセットもあって体力負けのダラリンコ状態では
勝てる筈もなく。
お決まりの準優勝でした。

5年女子 ダブルス優勝 シングル優勝

ダブルスは隣クラブのライバルっ子ちゃんと組ませてもらいました。
殆ど練習はできなかったのですが・・・・
やはり、ダブルスになって無かったですね。
ローテーションやその場の判断
シングルではミスが少ない2人もダブルスではミスが多い。
気持ちの問題でしょうか?
もう少し練習が必要なようです。
決勝はいつも当たる5年4年のペア
どうにか、逃げ切りましたがひやひやものでした。

シングルは予選の箱の中にライバルの一人が入っていました。
子供には予選から強い選手と当たるという事は良い事だから。
と伝えると同時にダブルスの後だからペースが乱れる事も予想されるので
最初から気持ちを引き締めて全力で戦う事を指示しました。

上手な選手と予選で当たるという事は
勝てば弾みがつくという事ですし
どうせ、勝ちあがってくる様な強い子であれば
いつか、必ず当たるもの。
早いか遅いかの違いは有れど優勝を目指すならどこかで当たるはず。

結果は気を引き締めて戦えたからか意外なほどすんなりと勝てました。

この子は気持ちが強気で保てれば非常に強いですから。

第一シードであった事とライバルの一人がインフルで棄権していた事で
試合は決勝まではスムーズに進みました。

5年女子の決勝は既に行われていた4年男子の準決勝がフルセットになり
6年女子の準決勝も始まっていて3試合が重なってしまい。
サイドコーチ不在の状態でスタート。
気になっていましたがコーチャー無しでも安定した試合展開だったので
いつでも動ける体制をとりながら見守ることに。

1セット終盤に6年女子の勝利が見えたので一言断って移動。

1セット取って2セット目 ミス多発。
大量失点の後
少しずつ持ち直して点差を縮めて行き。
2点差まで来た所でコーチャー交代。
私は担当の6年女子の決勝が始まりそうだったので席を交代しました。

その後も、持ち直して安定して来た為
2-0のストレートで優勝できました。

6年女子 ダブルス予選敗退 シングル優勝

ダブルスは隣クラブのこれまたライバルっ子ちゃんと組ませて貰いました。
うちのクラブは今回エントリーした子以外は昨年に入部した子ばかりで
とても、予選に出せる状態ではなく。
他クラブと組まないとダブルスも出れない状態です。

ダブルスは5年女子同様 練習が出来ておらずに
シングルではミスが少ないのにダブルスではミスばかり。
それも、肝心な場面でのミス多発。
これでは、勝てる筈もなく。
また、予選の箱の中にブロック経験者のダブルス選手が居た為。
途中まではこちらのペースだったものが
相手がダブルスの動きをしだすと手も足も出ない状態で
それでも競る事は出来ましたが負けてしまいました。

やはり、ここぞという場面でのミスはいけませんね。

シングルでは。
何でこんな組み合わせ???
決勝とオーナメントの1回戦がこの試合で一番強そうな子
一度も勝ってない選手。
しかも2人ともノーシード。

1シードの箱にはシングルでのライバル選手不在。
昨年の地区の成績だけでシードを決めている様子。
(今年は色々な事情で県TOP2名が出ていなかったから)
・・・・まぁ 言っても仕方ないので
今回の決勝はトーナメント1回戦だと思って頑張るしかない。

試合は予想道理、予選は難なく終了しトーナメント1回戦。
何度か見てきたが相手の子は強いです。
体格も良いですが読みの早さと力強いショットはセンスの良さが見えます。
うちの選手は努力の子。
ぶきっちょな面があって身長も低い。
でも、今 一番成長しているであろう選手なので
努力の成果を出させてあげたい・・・とは思っていました。
試合は予想道理 一進一退の攻防戦。
相手の子の攻撃に対しオーソドックスではあるが
確実な対応策で防戦。
1セット目は戦略がはまって勝つ事ができた。
2セット目は相手の選手が攻め方を変えてきたので
これも、対応策を指示したが・・・・何と対応できず!
簡単にとられてしまった。
フルセット目。
対応策の指示は変わらず。
でも、少しずつではあるがシャトルに届いて対応出来る様になってきた。
一進一退の攻防の末 後半は辛うじて対応出来る様になり。
僅差ではあったが勝つ事が出来た。

試合終了後、半べそ状態の選手に対して
「指示した事が出来ない様ではダメ。
  日ごろからの練習の取り組み方が問題」だと
(書くのは大人しいが かなり厳しく) 怒った。
完全に号泣モード。

勝手も内容が悪ければ褒めるわけにはいきません。

準決勝は、予想道理
ライバル不在の予選から上がってきた子で
しかも、シードだったであろう選手が負けているので難なく勝利。
決勝は、昨年の全小大会の県大会で負けてブロックを逃した時に
対戦した選手で
非常に力強い選手。
最近では、勝てる様になってきたが
昨年は負け越しの状態だった選手なので気は抜けない。

ラケットを変えようかとも思ったが
調子が出ている状態なのでそのまま続行。

試合は、少々押される場面もあったが2-0のストレートで勝利できた。

今回の試合ではやはりトーナメント1回戦が山場であった。
相手の選手にサイドコーチが着いていなかった事もラッキーであった。
また、この試合で・・・という訳では無いが
2月からクリアの強化練習を行ってきたことも幸いしたと思う。
クリアの練習にも色々あるだろうが
この子達が行った練習は群を抜いて厳しい練習であったろうと思う。
泣きながら・・と言うのは殆どで
それでも、成果はでるから・・との言葉を信じてもらい続けた練習であった。
この大一番で成果につながった事は非常に嬉しかった。
本人も自覚が有った様で これも、やって良かったと感じる事であった。

県小学生大会
6年女子 トーナメント敗退

選抜とかぶっていて結局一度も応援する事が出来なかった。
(行っても終わっていたし)
聞いた内容では 21点1ゲームで
3点ほど勝っている状態で相手が優勢になってくると泣いてしまい。
後はボロボロだったとの事」。

確かに、近頃は私立進学が決まって
バドミントンに取り組む気持ちが変わってしまった様で
全然伸びては無かった。
昨年、地区の予選を勝ち進み県大会へ進んだ実績もあり。
最後の試合でもあり。
入賞をめざせるか・・と期待もしていたが
非常に残念な内容となってしまった。

部内の練習試合でも自分が攻められて調子を崩すと
泣きが入ってしまう事が多くなってきていて注意はしていたのだが。

負けた相手が優勝した様で。
気持ちでの負けが 入賞を逃がしたのは非常に残念だった。

最後の試合をこの様な結果で終わったことは残念な限りだが
自分の日ごろの練習への取り組み方等
負けて仕方ない部分も多い。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チャオ!

Author:チャオ!
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
只今の順位は?

FC2Blog Ranking

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
7166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2044位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。