FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指導料について考える

バドミントンに限らず一般的にボランティアが基本のこの世界ですが。
私の考えとしては指導料を取るべきだと考えています。

指導料を取るという事は「責任」が生まれる。
責任を持って指導すればもっとバドミントンの世界も
良くなるのではないかと考えるからです。

指導者はクラブを始める時には「子供の為」と言い
辞める時には「ボランティア」だからと言うのを良く聞きます。

それは、間違っていません。
当然だと思います。

仕事ではないのですから もっと 優先させるべきものもあると思います。

でも、指導料を取っていたら
これは、きちんとした「責任」が発生します。

指導料もピンからキリまででしょう。
その指導料に見合ったレベルでの指導環境を得られるなら
これは、コレで良いのではないかと思います。

父兄と指導者の利害関係(考え)が一致する訳ですから

当然、ボランティアのレクレーションバドミントンも存在します。
そして、有料(指導料)のバドミントンも存在します。
父兄と子供たちは自らの考えで選択すればよい訳です。

ですから移籍も公認となります。
いい加減な指導者、指導力の無い指導者、指導環境の悪いクラブは
自然と淘汰されレクバドとなるか消えていくでしょう。

しかし、それがスポーツとして成績を上げようと考えた場合必要になると思います。
成績を考えない場合 レクバドも存在する訳ですから
問題となる事は何もないと思います。

生き残るのは実力のあるクラブという事になるでしょう。

そして、その中で切磋琢磨して選手も指導者もクラブも強く逞しくなるのです。

厳しい考え方だと思いますか??

でも、競技バドとして日々練習に明け暮れている選手や父兄は
既に、この世界に入っているのです。
そして、スポーツの世界で成績を出すという事は
生易しい簡単な事ではないのです。

選手だけ淘汰される様では将来性はないでしょう。
クラブや指導者も淘汰されるべきです。

私が淘汰されれば・・・・・?
自分に才能が無かったと
スパーっと身を引いて
魚釣りに明け暮れるでしょうね。

それは、それで良いかもです。

とか何とか言いながら・・・・私達も指導料は貰っていませんが。。。。。。。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チャオ!

Author:チャオ!
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
只今の順位は?

FC2Blog Ranking

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
5511位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1583位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。