FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やらされる練習とその差


昨日の練習の際に
選手たちの様子についてママコーチ(家内)から
「以前はもっと活気があったのに・・」と言われました。

私も忘れていましたが
そう言えば、以前の練習では子供達それぞれが目標や目的をもって
練習に取り組んでいました。
同じ練習であったり、同じ様な練習であったり。
そんなに、以前に比べて変化はありません。

同じヘアピンの練習であっても
以前は、誰に勝ちたい・・と言った目的をもって練習をしていました。
負ければ悔しがるし 勝てば喜ぶし
当然、声も出るし活気がありました。

今は、静かなものです。

うちでは「ファイト」等の声はほとんど出しませんし
私自身は出す必要が無いと考えています。
それよりも 勝った時の「よ~し!」とか「やった~!」等の
声を出してもらいたい・・・そう考えています。
声を出すことの意味は色々と聞いていますが 今はそれで十分だと思います・・が
それすら、出る事はありません。

昨日は この件を練習前に話したうえで
練習内容を少し変えました。
そして、練習の中に競争できるような要素を入れ込みました。

練習によっては活気が戻りましたが
問題はそのあとです。

午後からの練習では足にきている選手が数名・・・・。

この日の練習内容自体は当初の予定から外れて
かなり、楽なものになっていました。

多分、ここ数か月の間でも一番楽だったかも。

にも関わらず足にきている子が出たのは
日ごろの練習でいかに力を抜いた練習をしていたかの
現れではないか・・・・と危機感を覚えました。

もし、そうであれば完全に体力、筋力を維持する事を考えながら
練習をしていたことになります。

・・・・・・大問題・・・・・・

勿論、無意識のうちでしょう。

そうであれば、それを 見抜けなかった私に責任あり。

そう言えば、以前 かなり面白い練習をやって
余りに楽しそうに練習をするので当初15分程度の予定を
1時間半程度に延長して行った際に
やはり、午後からの練習で足にきている子が居ました。
その時は 午後からの練習が厳しかったこと。
そして、事前に午後から厳しい練習を行うと言っていたにもかかわらず
昼休みにケアすら満足にしなかった子が動けていなかったことから
この件に結びつける事をしませんでした。

練習中に競争意識を持つ事は以前から指導しています。
そして、練習に対する競争意識の持ち方のアドバイスも。

でも、全然できてなかったのでしょうね。

失敗しないバドミントン
怒られないバドミントン

これでは、上達する訳がありません。

でも、怒られる頻度と強烈さでは以前の方が上なのですが。
結局は子供たちの捉え方、受け止め方なのでしょうね。

練習を面白ろく(楽しく)するのも
面白くなく(苦しく)するのも選手(子供達)しだいなのですが。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チャオ!

Author:チャオ!
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
只今の順位は?

FC2Blog Ranking

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
7166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2044位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。